9月4日 カレーライスの夕飯献立と、子供との楽しいおうち時間の過ごし方。

ごはん日記
スポンサーリンク
vivi
vivi

ワーママ歴7年。7歳と4歳の兄弟を育児中のフルタイムワーママの、リアルな献立記録です。(現在は一時的に6時間勤務中です。)

家事時短や子供が食べやすくなる工夫、簡単なレシピなども載せています。

9月4日の夜ごはん

献立

  • アジフライ(冷凍品)
  • カレーライス
  • 山形風芋煮(作り置き)
  • 三色野菜の塩こうじあえ(作り置き)

次男(4歳)のリクエストでカレーライス。

アジフライが小ぶりで思ったほどボリュームがなかったので、追加で冷やっこも食べました。

アジフライ(冷凍品)

大葉入りのアジフライ、揚げるだけの冷凍品です。千切りのキャベツを添えて。

冷凍の揚げ物を購入するようになってから、平日でもそれほど揚げ物がおっくうじゃなくなりました。

魚が苦手な子どもたちも揚げ物にすると食べてくれることもあって、揚げるだけの魚系の冷凍品は常備してあることが多いです。

【子ども仕様】
・魚は揚げ物にすると食べやすい。

【時短・Tips】
・平日の揚げ物には揚げるだけの冷凍品を活用する。

カレーライス(大人用)

カレーライス(子供用)

具材は、豚ひき肉、玉ねぎ、じゃがいもです。

トマトの水煮缶も入れて作ってみたのですが、酸味があって美味しかったです。

カレーを作るときはルーを入れる手前で鍋を二つに分けて、大人用は辛口のルーを、子供用は甘口のルーを入れています。

【子ども仕様】
・カレーはルーを入れる直前で、大人用と子供用に鍋を分けると楽。

山形風芋煮(作り置き)

前日に作ったものです。↓

三色野菜の塩こうじあえ(作り置き)

こちらも前日に作ったものです。

子どもとの楽しい過ごし方。ムービーナイト、簡単おやつ作り。

最近の休日の過ごし方で、我が家のマイブームがムービーナイトです。

この日も土曜日だったのでムービーナイトをしました。

【休日の前夜におやつを食べながら映画を見て少し夜更かしする。】というだけのことなのですが、特別感があるようで子供たちは休みの日が近づくと「ムービーナイトしたい!」とワクワクした顔で言ってきます。

我が家のムービーナイトのなんとなくの決まりは

  • いつもより夜更かしができる(といっても1時間くらいですが…)
  • 夜だけどおやつを食べていい
  • 子どもが自分で見たい映画を選ぶ
  • amazon prime videoで有料のものを選んでもいい
  • 私も一緒に見る

という感じになっていて、「食べるおやつは映画といえばポップコーンでしょ。」という安直な固定概念から初めての時に子供と一緒にキャラメルポップコーンを作ったら、長男の頭の中では『ムービーナイト=手作りおやつ』という思考回路になったらしく、この日は長男の提案で子供と一緒にポテトチップスを作りました。

皮をむいたじゃがいもを水にさらして、一枚ずつペーパータオルで水けを拭き低温の油で揚げて塩を振ります。

皮をピーラーでむく、じゃがいもの芽をとる、ペーパータオルで水けを拭く、揚げる、味付けなど、長男が主導で作り、私は手伝う程度。

揚げたてが最高に美味しくて、塩を振ってみんなでつまみ食いをしていたら半分くらいなくなりました。

そしてこの日長男が選んだ映画は「アラジン」。しかも実写版でもなく古いアニメのほう。しかもアマゾンビデオでレンタル400円。

古いアニメに400円…。「他の映画にしたら?」と言いたい気持ちをぐっとこらえて、子供たちは手作りポテチを食べながら楽しいムービーナイトを過ごしました。

【今日の作り置き】

・カレーライス

9月4日の晩ごはんでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました